最新の植毛技術と毛髪再生の未来

  • 自毛植毛のメリットとデメリットは

    • 抜け毛や薄毛の対策には育毛剤やAGA治療などが知られていますが、それらの対策では効果がでない場合は、植毛という方法も有効です。



      植毛には人工毛を使用する方法と自毛を移植する方法の二つがありますが、メンテナンスや安全性の面では自毛植毛のほうがメリットが多いようです。

      自毛植毛は、後頭部など毛髪がしっかり残っている部分を皮膚ごと移植するという方法でおこないます。



      自毛なので拒絶反応が起こる心配がなく、一旦移植すれば他の毛髪と同様に成長しますのでメンテナンスの心配もありません。



      成功率も高いので、薄毛対策には非常に効果的な手法ということができます。



      もっともデメリットがないわけではありません。



      この方法は髪の毛を単純に移動させるだけなので、全体の髪の毛の量そのものが増えるわけではありません。



      したがって全体のバランスやデザインを慎重に考慮しながら移植をおこなう必要があります。


      そのため一度に移植できる髪はおのずと少なくなり、数回に分けて移植手術を受けなければいけないのです。


      そのため効果を実感できるまでにはそれなりの時間がかかり、費用も決して安い金額とはいえません。



      また移植するための髪を採取した部分には、多少の傷跡も残ります。もちろん頭髪を剃ったりしない限り目立つことはありませんが、これもデメリットといえるかもしれません。


      このように自毛植毛にはメリットもデメリットも存在します。



      そのうえ執刀医の力量にも大きく左右されますので、信頼と実績のあるクリニックを選ぶことがなにより大切になります。


  • 関連リンク

    • 薄毛対策の一つとして植毛という方法があります。薬や育毛剤とは違って効果を実感しやすいほか、かつらのように外れる心配が無いのもメリットです。...

    • 男性にとって髪の毛の薄毛は悩みのひとつです。薄毛を予防する育毛剤などで髪の毛を増やすことはできないため、髪の毛を増やすのなら植毛が良い選択です。...