最新の植毛技術と毛髪再生の未来

  • 人工と自毛の植毛の違い

    • 人工植毛は一般的には合成繊維を頭皮に植えつける方法がとられているので、丈夫なのですが、髪の毛ではないものが頭皮から生えているので、違和感を感じてしまうことが多く、光の加減などで不自然な色になることもあります。
      また人工物を皮膚に埋め込むのでアレルギー反応や免疫の過剰な反応が出ることがあるので、拒絶反応に注意をしながら施術をしていくことが大切です。また人工植毛の場合には髪の毛がその部分だけ成長しないので、他の毛が伸びてくると不自然に見えてしまうので、専門の理容店に通うなどのコストが必要となります。

      自毛を使った植毛の場合は自分の髪の毛の毛包という部分を頭頂部などに移植をするので、髪の毛がその部分で成長をしていきます。

      すべてが自分の体の一部なので拒絶反応やアレルギー反応などがないので安全な方法です。


      自毛を植毛する場合に問題とされているのが定着率で、一般的には90%であると言われていますが、手術を行う医師の技術によって左右されるので、それ以下になるケースも少なくありません。1本あたり500円で1000本で50万円なので、半分しか定着しなかった場合は25万円分は無駄になってしまいます。


      最新の技術を使うと定着率が格段によくなるのですが、コンピュータシステムやロボットを使用するので、料金が割高になります。

      しかしロボットを使用すると、決められた位置に素早く植毛することができるので、定着率が非常に高くなります。

      脱毛症 サプリついてはこちらのサイトでご確認ください。









      https://m3q.jp/t/2789/3/15

      http://www.sankei.com/life/news/160620/lif1606200008-n1.html

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1135843916

  • 関連リンク

    • 薄毛対策の一つとして植毛という方法があります。薬や育毛剤とは違って効果を実感しやすいほか、かつらのように外れる心配が無いのもメリットです。...

    • 人間の髪の毛は高齢になってくると自然に減っていくのですが、AGAの人の場合には若年なのに髪の毛が減ってしまうことが問題で、これは遺伝的に男性ホルモンの働きが強い人に特有の症状なので、専門のクリニックを受診すると男性ホルモンの原因物質の働きを弱める薬が投与されます。この薬の他に血行を良くするミノキシジルという薬を服用することで、髪の毛が発毛する確率が上がるとされています。...