最新の植毛技術と毛髪再生の未来

  • 最新の植毛技術と毛髪再生の未来

    • 最新の植毛技術はコンピューターの発達によって、可能になっていて、グラフィック技術によって頭の形を正確に捉えて、移植する場所を正確に特定して、ロボットが移植をしていくので手術が短時間で終了して、さらに気になる植毛の定着率も医師が手で行う手術よりも高いという結果があります。

      植毛で大切なことは移植してから、どのくらいの髪の毛が残るのかということで、1万本移植したとしても定着率が低いと最終的に1000本くらいしか残らない場合がありますが、コンピューターを使用している最新の植毛法では、毛包の劣化を防ぐことができるので、定着率が非常に高いことがメリットになっています。
      しかし料金が高額で、さらにアフターケアにも高い費用が必要になるために、一部の人たちにしか利用されていないのが現実で、今後は、コストカットなどがどの程度進むのかに注目が集まっています。

      発毛に関しても技術が進歩していて、人間の幹細胞を用いた毛髪再生技術が進歩していて、研究の段階ですが、自分の頭皮にある幹細胞を増殖させることで何本でも髪の毛を増やすことが可能になる技術で、現在ではマウスに応用している段階なので、数年後の実用化を目指しています。

      発毛技術で実用されている最新の技術としては、発毛に効果のある薬を頭皮に直接注射するというもので、効果が非常に高いことが証明されていますが、現在では一部の専門クリニックでしか行われておらず、料金は1回40万円となっています。

      女性 白髪 ウィッグの喜びの声を頂いています。

      腱鞘炎情報が満載です。

      女性のウィッグを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

      メンズ かつらに関する情報が閲覧できます。



      http://biz-journal.jp/2014/07/post_5465.html

      http://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20150831_00620150831

      http://girlschannel.net/topics/842996/

  • 関連リンク

    • 自分の髪の毛を植毛する場合には必ず後頭部の毛包を吸い出して、それを髪の毛が薄くなっている部分に移植するのですが、後頭部の髪の毛は減らしてよいという理由は男性の体の中で男性ホルモンの影響を受けやすい部分と受けにくい部分があることが原因で、前頭部分や頭頂部は男性ホルモンの影響を受けやすい部位なので、ホルモンの分泌が多い人は、額が広くなったり、頭頂部が禿げ上がったりします。後頭部は男性ホルモンの影響を受けない部位なので、年をとっても後頭部の髪の毛だけは豊富に存在している高齢者が多いのもこれが原因です。...

    • 抜け毛や薄毛の対策には育毛剤やAGA治療などが知られていますが、それらの対策では効果がでない場合は、植毛という方法も有効です。植毛には人工毛を使用する方法と自毛を移植する方法の二つがありますが、メンテナンスや安全性の面では自毛植毛のほうがメリットが多いようです。...